バンコクの日本人宿EZSTAY




タイ5日目。

カオサンロードのホテルから移動して、現在はバンコクのEZSTAYという日本人宿にいます。

この旅で初めてのゲストハウスでの宿泊です。

カオサンロード近くのホテルから、ローカルバスに乗って移動してきました。

 

EZSTAY Bangkokの場所

カオサンロードからアクセスする場合は47番のバスに乗り、クロントゥーイ市場で降ります。

バス停には停まるバスの番号の一覧が書いてある。バスの乗り方は、乗りたい番号のバスが近づいて来たら手を挙げてバスを止めます。手を挙げないと停まってくれません。バス停近くでバスが停まるとは限らないので、47番のバスが見えてきたらダッシュで駆け寄ります。

初めて海外でローカルバスに乗るので緊張する。ネットでバスの乗り方を調べたのでイメトレはバッチリだ。

バスには運転手とは別に、料金を徴収する人が乗っています。シャカシャカお金の入ったケースを振って近づいてくるのでお金を払います。クーラーがついていない赤いバスは6.5バーツです。

ピンポイントで乗ってきた人のところに行っていた。記憶力半端ない。

カオサンロード近くバス停の場所

バス停の文字はタイ語の表記しかなく、車内アナウンスというものがありません。どこで降りたらいいか全然わからない。

料金を徴収する人に、地図や降りたい地名のタイ語をみせると「ここで降りたい」と知らせると目的地が近づいたとき教えてくれます。

バスを降りるときは直前にブザーを鳴らし、ドアの前で待機して降ります。

 

バス停から宿までの少しの距離でも、ものすごく辛く、汗は滝のように流れでます。何度もバックパックを捨てたい衝動に駆られましたが、無事につくことができました。

管理人も宿泊客も日本人で、人間の体の仕組みにとても詳しく、サルサダンス等、自分の知識を教えて世界一周をしようとする方。友達と来るはずが、搭乗直前で友達がパスポートを紛失し、急遽1人で来ることになってしまった方、ゴールデンウイークを利用しベトナム、カンボジア、タイを旅している人など、年齢層は20代中盤から、40歳前後まで様々な人たちが宿泊しており、いろいろな話が聞けて楽しいです。

リビングでくつろいで他の宿泊者と交流をしたり、1人で観光に行ってもしてもいいし、一緒に観光するのも自由です。

僕は今のところは昼間は一人で観光して、夜は一緒にご飯を食べにいったり、飲みに行ったりしてます。宿にいるときはリビングでゴロゴロとくつろいでいます。

 

昨日の昼間は一人で出歩いていました。

サイアムスクエア周辺。街並みは東京のような雰囲気です。

IMG_0061-768x512-min

「STARBUCKS COFFEE」の隣に「STAR BACK CAFE」というのがあったりしました。

GOPR0009-768x576-min

暑いのでアイスが食べたくなりました。

なので露店でココナッツアイスを購入。20バーツか30バーツくらいだったような気がします。(現在1バーツ約3.2円)

P_20160507_145104-576x1024-min

スクンビット駅近くのターミナル21。想像してたタイより、かなり発展してます。

P_20160507_165305-1-576x1024-min

夜はアソークにあるサルサの教室をやっているバーに、同じ宿の泊まっていて、何度かそのバー通っている方に誘われて行きました。

いろいろな講習のコースが時間によって分かれており、ビギナークラスの講習を受けました。まず、先生の説明を聞きながら一人で基本ステップの練習をし、その後男女でペアを組んで練習という流れでしたが、ペアでの踊りは難しかったです。いろいろな国の方が居て面白かったです。

講習が終わった後はエンドレスで音楽が流れて、男性が女性を誘って踊るフリータイムのような時間がり、かなりの熟練者ばかりでした。

日本人宿はいろいろ安心できるので、しばらくはここで過ごします。