チェンマイからバンコク行きの寝台列車に揺られる




自然あふれるパーイから再び762個の急カーブを超えてチェンマイに戻ってきました。

タイの滞在日数が残り少なくなってきており、今後はカンボジアのシェムリアップを目指すため、再びバンコクに戻ります。

もうすぐで慣れ親しんだタイともお別れです。また戻ってくるけれども。

 

それと、パーイでTシャツを買いました。名付けてパイT。

P_20160528_090351-min

やはり762個の急カーブは有名みたいで、Tシャツにも描かれています。

今回は意気揚々と「いける!」と思い込み、酔い止めなしで挑んでみました。

その決意をあざ笑うかのように「あ、これこのままだったら気持ち悪くなるかも」と思い、深呼吸をする、別のことに思考を向けるなどリラックスに努めようとしましたが、無理そうでした。

休憩ポイント、でサブバッグに常備してある酔い止めを飲み、何とか持ち直しました。

長距離移動は以前に比べて平気になりましたが、あの急カーブの連続は難易度が跳ね上がります。

 

チェンマイへはバスで来て、帰りは旅気分を味わうために寝台列車で移動しようと思い、チェンマイバスターミナルからチェンマイ駅にそのまま徒歩で移動しました。

チェンマイ駅の場所

P_20160526_132236-min

チケット売り場で、17時発の二等寝台で下段ベッドのチケットを買いました。

ベッドの上か下で値段が違います。下の段は881バーツでした。

P_20160526_152606-min P_20160526_153107-min

列車の出発まで時間があったので、近くのアッパークラフトというカフェで、チェンマイ名物のマンゴーチーズケーキとアイスコーヒーを注文し、時間を潰しました。

実はチェンマイの旧市街にあるアムリタガーデンというカフェでもマンゴーチーズケーキとを一度食べてます。

女子力がどんどん上昇していってる気がする。だがうまい。

おいしいのでチェンマイに来た際は、ぜひ食べてみてください。

P_20160526_153913-min

 

 

時間になったので列車に乗ります。

P_20160526_163615-min

なかなか快適そうで、足を伸ばして眠れそうです。

P_20160526_164118-min

上段ベッドは窓がないので、明るいうちに景色を楽しみたい、朝日を拝みたいなら下段がいいです。

P_20160526_164958-min

出発して少しすると、夕飯の注文を取りに来てます。

なにも買い込んでなかったので、お粥のようなものを注文しました。

出発からしばらくすると

「寒い」

「寒すぎる」

最初、車内は暑かったのですが、冷房がガンガン効いてきて、パーカーを着ても寒いです。

注文した温かいお粥をむさぼるように食べました。

19時頃、ベッドメイキングに来てくれました。

P_20160526_193354-min

特にやることもなかったので22時くらいにベッドで転がってました。バスとは違って横になれるのでそこは良かったです。

さらにベッド脇にはカーテンがついていて、閉めればプライベート空間ができあがり、冷房の直撃を避けることができます。

それでも寒いけど。

ひたすら朝まで寒さに耐え、タオルケットに包まり寝ました。

寝心地は悪くなかったけれども、変な体勢になっていたせいか、たまに腕がしびれたりしました。

朝日は拝み損ね、約13時間でバンコクのフアラムポーン駅に着くことができました。

 

フアラムポーン駅場所

P_20160527_063927-min

列車より移動時間が短く、価格もそんなに変わらないのでVIPバスのほうがお得感がありますが、のんびりと景色を眺めて、列車に揺られるのも悪くなかったです。

 









4 件のコメント

  • タイの滞在日数残り少なくなってきたんだね~♬
    あっという間だったね・・・。
     女子力上がりすぎないように・・・(^^♪