バンコクとチェンマイで僕が宿泊したゲストハウス紹介と感想

初めてのタイ旅行でバンコクやチェンマイに行くとき「どこに泊まればいいかわからない」「どこがおすすめなの?」ということがあります。

そんな人のために、僕が実際に泊まったバックパッカー向けのゲストハウスを紹介します。

感想は主観です。

バンコク

De Talak Hostel

アクセス:MRT、Queen Sirikit(クイーンシリキット)駅から徒歩5分。
宿泊料金(一泊):ドミトリー、約740円(税、サービス料込)※agodaから予約時

清潔度:まあきれいかな

アイスが食べ放題の宿。

共用スペースが複数あり、くつろいだり、落ち着いてパソコンで作業することができます。

1泊しかしませんでしたが、何人か日本人の方もいました。

スクンビット、アソークというショッピング街が近いです。

EZ STAY Bangkok(日本人宿)

アクセス:MRT、Queen Sirikit駅から徒歩10分。
宿泊料金(一泊):ドミトリー、600バーツ※連泊の予定だと安くなります。

清潔度:きれい

マンションの一室にあるゲストハウスで、僕が初めて泊まった日本人宿。

夜にワイワイし過ぎることもなく、すごく落ち着けた宿でした。

マンション内にあるということで、プール、コンビニ、ATM、両替をマンション内で利用することができて便利です。

スクンビット、アソークが近いので気軽に行くことができます。

 

「De Talak Hostel」と「EZ Stay Bangkok」の近くにはバンコク最大の市場、「クロントーイ市場」があります。観光向けではなく現地人向けのローカル市場でとても賑わっています。

Longluck Guesthouse(日本人宿)

アクセス:カオサンロードから徒歩10分。
宿泊料金(一泊):ドミトリー、280バーツ

清潔度:きれい。新しい

カオサンロード近くに泊まるならここ以外考えられないと思ってしまう宿。

開放感あふれる共同スペースで昼間は転がり、夜はワイワイ賑やかに盛り上がれます。

カオサンロードの近くということでBTSやMRTなどでは来ることができなくアクセスしづらいですが、お部屋も水回りも清潔ですごく快適でオススメ。シャワーとトイレがセパレートなのが個人的には良い。

コンビニや屋台も近くにたくさんあります。

VX The Fifty Hostel

アクセス:BTS、On Nut(オンヌット)駅から徒歩15分
1宿泊料金(一泊):ドミトリー、約700円(税、サービス料込)※agodaから予約時

清潔度:まあきれいかな

オンヌットにあるバンコク市内では安いけどきれいなゲストハウス。

共用スペースも居やすい。

オンヌット駅の近くには「TESCO LOTUS」という大型スーパーがあり、主にここのフードコートで食事をしてました。

他には焼肉食べ放題の店「BEST BEEF」があります。ソフトクリームを自分で巻けます。

 

チェンマイ

Shunlin Hostel

アクセス:バスターミナルからソンテウでおそらく40~50バーツ程度
宿泊料金(一泊):ドミトリー、約400円(税、サービス料込)※agodaから予約時

清潔度:まあきれいかな。シャワーの水捌けが気になる。

とにかく安いゲストハウス。

寝室はきれいだけど、シャワーは排水溝が詰まりやすい。詰まったときは、シャワー室に常備されているトングで何とかする。

宿泊代を節約したい方にはお勧め。

SlowHouse(日本人宿)

アクセス:バスターミナル、空港からともにソンテウで50バーツ程度。
宿泊料金(一泊):ドミトリー、250バーツ※連泊予定で安くなります。

清潔度:きれい

個人的には最強に居心地がいいゲストハウス

寝室、共用スペース、水回りもきれい。共用スペースはいつまでも転がってられていて、夜は料理をして一緒にご飯を食べたりしました。外にはハンモックもあります。

宿の近くにはショッピングモールやラーメン屋、カオソーイ屋、カオマンガイ屋などおいしいお店などが充実。

次にチェンマイに行く機会があれば必ず泊まります。

Sunny Hostel Chiang Mai

アクセス:バスターミナルからソンテウで30バーツ程度。
宿泊料金(一泊):ドミトリー、200バーツ

清潔度:きれい

ターペー門の近くで、旧市街やナイトバザールに行きやすいゲストハウス。

カフェとバーが併設されています。

寝室、水回りもキレイ。寝室は窓なしなのが惜しかった。

サタデーマーケット、サンデーマーケットへは歩いて行けます。