旅行や外出先でお尻の負担を和らげる携帯ウオシュレット




海外で痔を患ってから、ものすごくお尻をいたわってます。

手術をしてから排便した後は必ずウオシュレットで洗い、トイレットペーパーで擦らずにトントンと優しく叩くようにしてます。

病院の先生からもトイレの後はウオシュレットを使うように勧められました。

 

手術後はトイレットペーパーでトントンとするだけで痛いです。

トイレットペーパーで擦ってしまったらどうなってしまうんだろう。1日に何回もトイレに行くようなお腹の状態になってしまったら肛門への負担はかかる一方です。

家にいるときはウオシュレットがついてるから安心だけど、外出先で便意を催してしまったらどうしよう。入った先のトイレがウオシュレットがなかったらどうしよう。不安が膨らみます。

日本はウオシュレットが普及しているからまだいい。だが海外となると話は別だ。

海外でウオシュレットというものは日本に比べて全然普及していません。

このままだと痔を治しながら安心して旅をすることができない。痔が原因で世界一周はリタイアか?

 

そんな痔主やお尻が弱い人が外出先で抱える悩みを解決してくれる商品があります。

 

それが

 

 

 

 

 

P_20160822_205711-min

 

携帯ウオシュレット

 

プレゼントしていただきました。ありがとうございます。

世界一周再出発時に増えたアイテムとなります。

大きさ、重さは?

トイレットペーパーの芯よりも一回り大きいサイズで、持った感じは意外と重さを感じました。

写真はで長く見えますが、これは実際に水を出す時の形状で、普段は上のプラスチックの部分が下にスライドされて畳まさった状態になってます。

使用感は?

タイの空港のトイレと、ゲストハウスで使ってみました。

 

トイレに入る前にタンクに水を貯めます。

用を足します。

ボタンを押して水を噴射します。

 

ウイーンというモーター音とともに水が出てくる。

 

ジュボボボボボ

 

「こいつはご機嫌だぜぇ」

 

水の強さは強と弱があります。強でも家のウオシュレットほどの威力はないですが、お尻はとても綺麗になりました。

その後はいつものようにトイレットペーパーでトントンとします。

 

さいごに

水を入れるとき、形状が長くなるのでシンクが浅いと水が入れづらかった点がありました。

それ以外との使用感は満足です。

威力こそそこまで強くないものの、お尻をきれいにするという点では申し分ない。

持ち運びできる大きさだし、手軽に使うことができます。これがあれば青空トイレも怖くない。水を持ち歩いている必要はあるけど。

痔もちの僕にとってはパソコンやカメラ以上に必須アイテムとも言える。

 

これが盗まれたら帰国を考えるかも・・・。