レーの町で高山病に苦しむ




天国と地獄を味わったレーへの道。

泥のように眠り、朝起きたら熱は下がっていた。

 

高所のせいか、朝はものすごく寒い。寒いけど暖房器具とかは一切ないです。

レーは冬になるとシーズンオフでゲストハウスのほとんどが営業しないからだと思う。

冬の北海道で、朝にストーブのタイマーなしで目覚めるような気分。

 

体の調子は絶好調ではなかったけど、レーの町を散策した。

img_1545-min

日差しがきつくて暑いと思いきや、日陰に入ると風が冷たくて寒く感じる。

暑いんだか寒いんだかよくわからん。

 

マナリもだったけど、現地人のファッションが今まで見てきたインド人をは違う。

 

とりあえず王宮に行ってみよう。

img_1555-min

王宮に行くには坂道を登らないといけない。

坂を上っていくとすぐに息が切れる。太ももがすぐに疲れるのは酸素が薄いせい?それともただの運動不足?

img_1593-min

屋上からはレーの街を一望することができました。

町は高い山々に囲まれている。

なんとなく周りの景色を見ると「ずいぶん遠くに来てしまったな」という感じがする。

まあ、このレーの町へは飛行機で来れるんだけどね。デリーからたったの1時間半で。

マナリ、レー間の絶景を拝みたい場合は陸路が絶対おすすめだけど。

 

僕はデリーからマナリで15時間、マナリからレーで18時間の合計33時間かけて来たけど、帰りは飛行機で帰った。

img_1561-min img_1564-min

実は、まともに観光したのはレーの王宮だけ。

本当はツアーとか組みたかったけど、気力と体力がなかった。

高山病のせいか胃が毎日気持ち悪い。食欲はあるんだけど、胃が受け付けないという状態。

レストランで食事を頼んでも全部食べきれない。ハンバーガーも半分しか食べれないし、サンドウィッチも食パンの4分の1程度の大きさしか食べられなくなりました。

夜はスープのみを食べる日々が続いた。だけどスープだけだとすぐにお腹がすく。

夜中は胃が空っぽで気持ち悪いという悪循環に陥りました。

 

今まで生きてきたなかで、こんなにご飯が食べられないのは初めてだったかもしれない。

 

さらに下痢になりました。この旅一番の下痢です。

でもお腹は痛くないという謎の症状。

これも高山病のせいだろうか。

レーは4泊したけど、その半分ちょっとが高山病で気持ち悪かった。

 

食欲はレーの町を出たらすぐ元に戻り、モリモリご飯を食べれるようになった。

酸素が足りなくて胃があまり機能してなかったのかもしれない。

下痢も治まったけど、今度は逆に便秘になりました。

 

この旅2度目の便秘。

海外に来る前は便秘になったことなんて一度もなかったのに。