ミラノで日本食に対する欲望がKAZAN




再出発してから約1ヶ月が経過した。日本食が恋しい。

ふとした瞬間、頭に思い浮かぶのは刺身。マグロの赤身をわさび醤油でつけて食べたい。焼鳥が食べたい。ビールをクイッとやりながら、焼鳥にかぶりつきたい。焼き魚を食べたい。さんまの塩焼きを大根おろしと一緒に口にかきこみたい。

なにより、米が食べたくてたまらない。

もう無理。

 

イタリアに来てから、毎日マクドナルドでハンバーガーばっかり食べている。さすがにもう飽きた。

p_20160923_175335-min

我慢の限界。もう帰りたい。

飲食店にはクロワッサンや、パニーニ、ハンバーガーが並ぶ。パンはもういいんだ、おにぎり食べたい。

もうすぐで日本食の幻覚を見るレベルに達する。

 

 

 

ん?あれはなんだ?

 

 

 

p_20160923_094017-min

!?

p_20160923_094017-min-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

オー!ジャパニーズ、レストラーン!

 

なんと泊まっていたホテルと同じ建物にあった。

全然気づかなかった。

 

店名”KAZAN”

オー、ジャパン。私は帰ってきた。

 

看板を観た瞬間、日本食に対する欲望のボルケーノが限界点を超えて噴火した。

迷うことなく、吹き出すマグマのように突撃。

 

店員「セブン…(なんちゃら)」

僕「え?」

店員「セブンオクロック」

僕「あ、まだ開いてないってことね?」

 

現在18時。

開店するまで、ホテルでよだれを垂らしながら待ちました。

一度噴火した欲望は収まらない。日本食を食べることでしか解決はありえなくなっていた。

 

改めて19時ちょっと過ぎに再び店に行く。開店してからまだ時間が経ってないのに、そこそこ人が入っていた。

ジャパニーズフードは人気のようだ。

p_20160922_201001-min

おー寿司がある!味噌汁がある!焼鳥!マグローーーー!サーーーーモン!

でも、値段が書いてない。どういうことだ?

 

表紙を見てみると・・・

p_20160922_193620-min

食べ放題の店だった。

18.80ユーロで寿司が食べ放題って安く感じる。パスタなんて一皿10ユーロ位するのに。

アルコールなどのドリンクは別料金。

「1880ユーロじゃないだろうな」と疑心暗鬼になりながらも、注文するものを決める。1880だったら20万円くらいだからありえないんだけど。

 

もちろん注文したのはO・SU・SHI

しかも、NI・GI・RIです

 

ついでに味噌汁も注文。レンゲがついてきました。ヨーロッパでは味噌汁はレンゲで飲むのか。

久々の握り寿司。テンションが上がりすぎて写真を撮り忘れる失態。

 

「うまい!うますぎる!」

 

念願の生魚を食べることができて、涙が溢れそうになりました。ずっと食べたかった米と刺身の組み合わせはまさに最強。お腹は壊さないかな?と思いましたが、問題なかった。

サッポロビールがあったので一緒に飲む。

p_20160922_201146-min

ビールは日本のビールが最高。サッポロを置いておくとはイタリア人、わかってる。

枝豆も食べる。

p_20160922_202719-min

ずっとマクドナルドしか食べてなかったので、抑えられていた欲望を解放。ここぞとばかりに食べまくった。

日本を離れるとホント日本食が恋しくなる。こういうレストランがあるのはとてもありがたい。

 

KAZANの場所