美しすぎるコトルを知っているかい?




バール鉄道の悲劇から一夜明けて、僕はモンテネグロのコトルにいた。

モンテネグロの首都のポドゴリツァには、夜の8時に鉄道が到着してそのまま一泊。特に街を歩き回ることもなく、すぐにバスでコトルへと移動した。

 

バスを降りていきなりこの山である。

img_3344-min img_3349-min

山には登れるみたい。

バスターミナルから旧市街へ歩いていくと海が見えてきた。
img_3557-min

海はものすごく透明で、エメラルドグリーンのような色をしている。

img_3551-min

なにこの綺麗すぎる町。

img_3556-min

旧市街は城壁に囲まれている。

img_3357-min img_3570-min img_3568-min

旧市街のオレンジ色の屋根と海と山の絶景を見るために山に登る。

町の中にいるとオレンジ色の屋根を見ることができなくて、無機質に感じることがある。やはり町は高く遠いところから見ないとね。

img_3356-minimg_3433-min

そして

 

 

 

 

山を登り切らなくてもこの景色。

img_3546-min

これこそ求めてたヨーロッパの街並みだよ。

img_3541-min

これは湖ではなく海で、アドリア海。

伝えたいことは写真にすべて凝縮されているので文章は少なめで。img_3478-min

img_3488-min

img_3496-min
img_3531-min

img_3502-min

GoProの広角レンズで撮った一枚。gopr0362-min

ギリシャに来たときはコトルという地名すら知らなかったけど、本当に来てよかった。

宿のオーナーさんがカレーを作ってくれたりもした。味も日本人好み。

毛布が滅茶苦茶薄かったけど・・・。

僕の中ではヨーロッパといえば西欧や南欧だったけど、東欧は物価も安いし、旅がとてもしやすい。

宿もきれいで確実にお湯が出るし。お湯が確実に出るというのは本当に素晴らしい。

漠然とヨーロッパ行きたいなと考えているあなた。東欧もいいところですよ。時期を間違えると寒すぎるけど。

コトルは暖かかったし、おすすめ。