痔瘻で入院したけど高額医療で15000円戻ってきました




痔瘻で入院して8万円くらい払ったけど、15000円戻ってきました。

高額医療の申請は全く難しくないので、申請してみてください。

意外と簡単でした。

高額医療制度でお金が戻ってくるってどういうこと?

ザックリいうと

窓口負担(病院で払った自己負担額) - 限度額 = 高額医療制度で戻ってくる金額

ということらしいです。

ここでいう窓口負担と限度額というのは、ひと月単位となっています。

窓口負担額を複数月にまたがって合算して計算するわけではないのです。

自分の所得(収入)に応じて、自己負担の限度額が法律で決まってます。

僕も初めて知りました。

限度額とかよくわからんという場合は、下の表をご覧ください。

70歳未満の場合

適用区分 ひと月の上限額(世帯ごと)
年収約1,160万円~
健保:標報83万円以上
国保:旧ただし書き所得901万円超
252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円
健保:標報53万~79万円
国保:旧ただし書き所得600万~901万円
167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~約770万円
健保:標報28万~50万円
国保:旧ただし書き所得210万~600万円
80,100円+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円
健保:標報26万円以下
国保:旧ただし書き所得210万円以下
57,600円
住民税非課税者 35,400円

そもそも自分の標報(標準報酬月額)がよくわからんという方は、標準報酬月額及び標の通知書をみると書いてあります。

紛失していたら、会社に訊くと教えてくれるはずです。

自分の払った額と収入を確認して、もらえそうだ!と思ったらさっそく申請してみましょう。

問い合わせ先

加入している保険によって申請先が異なります

以下、厚生労働省のホームページWEBサイトより引用

◆ 被保険者証に、「○○健康保険組合」、「全国健康保険協会」、「○○共済組合」と書かれている方
→ 記載されている保険者までお問い合わせ下さい。

◆ 被保険者証に、「○○国民健康保険組合」と書かれている
→ 記載されている国民健康保険組合までお問い合わせ下さい。

◆ 被保険者証に、市区町村名が書かれている方
→ 記載されている市区町村の国民健康保険の窓口までお問い合わせ下さい。

◆ 被保険者証に、「○○後期高齢者医療広域連合」と書かれている方
→ 記載されている後期高齢者医療広域連合までお問い合わせ下さい。

僕の場合は、全国健康保険協会でした。

以下は、全国健康保険協会で行った手順を説明していきます。

申請手順

  1. 申請用紙の入手
  2. 申請用紙の記入
  3. 申請用紙を郵送する

これだけです。

申請用紙の入手

家にプリンタがある場合

全国保険教会のWEBサイトから、高額療養費支給申請書をダウンロードします。

コチラのページからダウンロードできます。

ファイル形式はpdfです。

内容を手書きする手書き用と、pdfファイルに文字を打ち込むことができる入力用があります。

違いは、パソコンで書類の入力できるかできないかだけです。

好きな方を選びましょう。

僕は入力用を使用しました。

家にプリンタがない場合はコンビニで印刷することが可能らしいです。

コンビニで印刷する方法はコチラ

ご利用の手順が画面付きで記載されています。

わからない場合は、申請される方の住所を管轄する協会けんぽ支部に問い合わせてみてください。

申請用紙の記入

記入例を参考にして、記入していきます。

病院で受け取った領収書をみて、ひと月の自己負担額を記入します。

それだけです。

申請用紙の郵送

各都道府県で申請書郵送先が異なります。

コチラから住所を確認できます。

あとは振り込まれるのを待ちましょう。

振り込まれたら、振り込み通知表が送られてきます。

やってよかった

申請するまでは「高額医療がよくわからなくめんどくさそう」

とか思ってたけど、意外に簡単で、15000円近く戻ってきたので、

申請してよかったです。

意外と簡単だったので、めんどくさがって申請しないのはもったいないです。