B’zファンの聖地、岡山県津山市イナバ化粧品店に行ってきた




岡山県といえば何を思い浮かべますか?一般的には桃太郎でしょうか。

僕は違います。

岡山県といえばB’zの稲葉さんでしょう。

岡山県津山市は、稲葉さんの生まれ故郷なのです。

稲葉さんの実家はイナバ化粧品という店を営んでおり、B’zファンの間では聖地となっているんです。

イナバ化粧品店にはファン歓喜ポイントがたくさんあるんですよ。

大阪から高速バスで津山市へ

大阪から高速バスに3時間乗り、津山駅前に到着。

津山観光センターに「稲葉浩志君の想い出ロードマップ」があるとのことでしたが、残念ながら工事中でした。

稲葉浩志君の想い出ロードマップとは、バスのルートやレンタサイクル、津山の見どころが記されたマップです。津山観光センター・くらや(稲葉さんのお兄様の和菓子屋)・イナバ化粧品店の3ヶ所のスタンプを裏面押し、応募箱に投函したら抽選でお買物券がもらえます。

観光センターから少し離れたところにある、城東観光案内所に稲葉さんコーナーが設置されていました。

稲葉さんの写真もありましたよ。

ホルモンではないけど、うどんを食べました。

城東観光案内所付近の街並み

なんと稲葉さんのお母様に会える

城東観光案内所からイナバ化粧品店まで歩いていきました。

それらしき建物を発見。INABA/SALASのCHUBBY GROOVEが貼ってありますね。(僕が行ったのは2017年2月)

お店には女性の店員さん2人が居て、稲葉さんのお母様の姿は見えませんでした。

内装は普通の化粧品店かなと一見思いますが、店の右奥がB’zコーナーになっているのです。

お客は僕一人でした。ボーっとB’zグッズを眺めていたら「初めてですか?」と話しかけられ、そうなんですと答えると稲葉さんのお母様が在宅のようで、呼びに行ってくれました。

ついにスーパースターであり、日本を代表するロッカーのお母様と対面。

お母様はこのとき80歳。バイタリティ溢れており、気さくなお母様で、いろいろなお話を聞いたり、逆に僕もたくさん話をすることができました。

お母様のとのツーショット写真を撮ることもできました。ありがとうございます。

写真を撮るときの掛け声はもちろん「ハイ!ビーズ」

B’z&稲葉さんグッズがたくさん

お店の一角はB’zグッズで溢れています。

写真を撮るのはOKですが、SNS等に投稿はNGとなっていました。

  • 額縁に入っている20周年の時のゴールドディスク
  • サイン色紙
  • INABA SALASがホット
  • サイン色紙
  • ポスター
  • Tシャツ
  • リストバンド
  • お父様の写真
  • リンゴ
  • ハーモニカ
  • THE PASS
  • 市民栄誉賞
  • だるま

などなど・・・B’zファンならよだれを出して喜ぶものばかりでしたよ。

ポスターなどはその時期のリリースされたシングルやアルバムのものになるみたいですね。ほかのグッズも不定期で入れ替わるのでしょうか。

稲葉さんの幼少期のアルバムが見れる

稲葉さん好き女子は歓喜間違いなし。男も歓喜します。

ファンが書き残すスケッチブックが乗っている台があるのですが、そこに置かれている1つのアルバムは、なんと稲葉さんの幼少期の写真を見ることができるんです。

これだけでも行く価値大ありでしょう。アルバムは撮影も禁止されています。

稲葉さんの幼少期を大いに妄想しましょう。

津山へ行こう

稲葉さんが津山市市勢要覧に寄稿したり、2017年7月には20年ぶりの凱旋LIVEを行ったりと何かと盛り上がっている津山市。

2019年2月には178ファンクラブルームという新スポットもできたようです。

B’zファンなら行くしかないでしょう。

ホルモンうどんもおいしかったです。