自重→マシン→フリーウェイトを経た僕の筋トレ歴紹介




今でこそ、フリーウエイトでガシガシやってようやく体が少しづつ大きくなっていることを実感してますが、ここに至るまでにさまざまなトレーニングを行ってきました。

僕の筋トレ歴はこんな感じです。

年齢トレーニング内容期間
21歳自重トレーニング1年弱
30歳マシントレーニング1年半
34歳フリーウェイトトレーニング
1年~継続中

21歳 自重トレーニング期

21歳の大学生のころは自重トレーニングをしてました。

腕立て伏せ、ダンベル、チューブを使ったトレーニングを10レップ3セット行っていました。この3つの種目を1日おきにやります。

少しでも負荷を強めるために、腕立てはテーブルに足を乗っけてやってました。

食事には特にこだわってませんでしたが、DNSのホエイプロテインをトレーニング後と寝る前に摂取。人生で初めてプロテインを飲んだのもこのときです。

1年弱くらい続いたと思います。効果は平らだった大胸筋が少しついたかなという程度。 ガリガリからガリになったくらいでしたが、効果が表れてたので少しだけ自信がつきました。

自宅での自重トレだとすぐサボってしまいそうだけど、我ながらよく続けたなと思います。自宅だと誘惑が多い上に、今日はやらなくていいやという気持ちにすぐなるんですよね。

まあでも、社会人になったとたん筋トレをやらなくなってしまいました。

30歳 マシントレーニング期

30歳になって、なんとなく若いころにはあった元気がなくなってきたなと感じるようになってきました。

「元気が出ないのは、体力がないせいだ!」と、大手ジムに入会。大手ジムにした決め手はプールがあったからです。

体を大きくしたいというよりは、体力の向上が目的でした。それと体を引き締めたかったです。30歳を越えると自分の体型が気になってきます。年齢を重ねると筋肉量が減ってくるので、それでお腹が若干ぽっこりしてきてしまうんです。

トレーニングメニューはチェストプレス、ラットプルダウン、腹筋を横にねじるマシン、上体起こし、レッグプレス、レッグエクステンション、レッグカール。有酸素運動はエアロバイクと水泳をやってました。

トレーニング頻度は週1回。

プロテインは飲んでいましたが、トレーニング後のみでした。

体力はつきましたが、筋肉はつきませんでした。というのも食事には全く気を使ってなかったからです。

一番の失敗は空腹でトレーニングを行っていたことでした。このころの筋トレは逆に筋肉を分解してただろうな・・・。

筋肉を付けたいのならしっかりと食べよう。

1年半くらい続けましたが、会社を辞めて世界一周の旅に出たためそこで筋トレを辞めました。

34歳 フリーウェイトトレーニング期

世界一周から帰ってきて、再就職してジムに通いたかったけど痔瘻が発覚し入院。3ヶ月重いものを持つことが禁止されていたので、完治した後に一度大手ジムに復帰しました。

帰国後は3ヶ月間ニート生活で、お腹周りの脂肪が蓄えられてたので引き締まったお腹を手に入れるのが一番の目的でした。

世界一周に行く前と同じトレーニングメニューを5ヶ月行ってましたが、相変わらず空腹でトレーニングをしてました。

ちょっとした転機があって、自宅近くに24時間営業のジムができたためそこに移動。大手ジムだと月4回で7000円弱だったのですが、ジムを変えた後は行き放題で月6000円弱になりました。

これまでマシントレーニングしかしてませんでしたが、BIGスリーと呼ばれる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトは広範囲の筋肉を鍛えられるのでやるべきということを知りました。

ですが、フリーウェイトゾーンに足を踏み入れるのに躊躇がありました。というのも、フリーウェイトゾーンはモリモリのマッスルマン達がいて、僕みたいな雑魚があざ笑われないだろうかという気持ちがあったからです。

一度フリーウェイトをやってしまったら、筋トレにのめり込んでしまいました。

お腹を引き締めるために通い始めた筋トレは、いつのまにか体を大きくするという目的に変わりました。

トレーニング頻度は週5,6。

筋トレの効果を最大限に発揮するため、たくさん食べるようになり、筋トレ前には必ずエネルギー摂取をしています。

増量14kgをし、その後14kgの減量に成功。今までで一番の効果を感じています。同じ体重でも減量後のほうが体が引き締まっているし、筋肉量も多いです。

筋トレで体を大きくしたいのならフリーウェイトをやるべきですね。

まとめ

すべての期間を合わせると一応5年くらいやってるんですね。

筋トレ歴の割には体が細いです。本気で体を大きくしようと思ったのはここ1年の話なので仕方ないですが。