世界一周に一眼レフ持っていくのをやめる理由




2度目の帰国中。

 

せっかく世界各地を周るのだから、いいカメラで写真を撮って残したい。そう思う旅人は多いだろう。僕もその内の1人である。

次回、出発するときは一眼レフを置いていく。

僕はカメラを持っていなかった。

写真を撮る目的や荷物の重さを深く考えずに「世界各地でいい写真を撮りたい」だから「一眼レフを買おう」と新しくカメラを購入。

”コンパクトデジタルカメラ”、”一眼ミラーレス”、”一眼レフ”のどれにしようとは悩まなかった。

一眼レフ以外のカメラは全く頭になく、「一眼レフの何を買おうかな」という思考で埋め尽くされていた。

結果、購入したのは”CANON EOS70D EF-S18-135 IS STM レンズキット”

iphone-777-min

写真を撮るのは楽しかった。

カメラが下手くそでも良い写真が撮れるし、ファインダーを覗いてシャッター音を聞くと「オレ写真撮ってるぜ感」が味わえる。

構図を考えたり、いい写真撮れないかなという視点で注意深く町を歩くようになる。

では、なぜ持っていくのをやめるのか。

 

でかい。かさばる。

レンズ交換が面倒なので、近距離も望遠も一つのレンズで済ませたいと思って”EF-S18-135 IS STM レンズキット”を買った。

本体はでかいし、レンズもでかい。

カバンに入れるとかなりスペースをとる。

 

重い

これが一番の理由。

本体が675gでレンズが480g。

合計1155g

サブバッグのリュックにカメラだけを入れていても肩が痛くなる。

荷物は当然カメラ以外もあるので、さらに重くなる。あのサブバッグを持ち上げたときの憂鬱な気分は移動する気を根こそぎ奪い取る。

 

思考ノイズが生じる

カメラが持ち物の中で一番高価だ。

「壊さないようにしなきゃ」とか「盗まれたり、強盗のターゲットにならないように」とかそういう思考が浮かんでストレスになる。

 

盗難などの対策で、町歩きとか観光するときはリュックに入れて持ち歩いていた。

撮影するときは

リュックから取り出す→撮影→リュックにしまう

ということをしていた。これがなかなか面倒。

 

次は高級コンデジをもっていく

p_20161111_222555-min

荷物を軽くしたいけど、そこそこ高画質の写真を撮りたい。

そんなわがままを叶えてくれるのが高級コンデジ。

canon powershot G9X。

重さはたったの209g。

大きさは厚みのある小さいiphoneという感じ。ズボンのポケットに入れることができる大きさだ。

僕が今まで撮った写真はスナップ写真のようなものが多いし、僕のウデでは一眼レフのスペックを持て余してるような気がした。

旅行の目的は写真を撮ることではないので、コンデジを選んだ。

 

さいごに

デカイ、重い、ストレスといった理由で一眼レフは持って行かない。

スペックより軽さを求めた結果、一眼レフを解雇。代わりに、高級コンデジを採用することになった。

「高級コンデジじゃ物足りない、もっといいカメラを持っていきたい。でも重いのは嫌だ」という場合はミラーレスにする、もしくは一眼レフのエントリー機を買うという手もある。お店でcanonのkiss X7 というカメラを手に持ったら一眼レフなのにめちゃめちゃ軽かった。

ミラーレスも選ぶレンズによっては結局重くなるということもあるので注意が必要だ。

まだカメラを買ってなくて、これから何を買おうか悩んでいる人は旅行の目的を考えたうえで、カメラに対して何を一番優先するのかを決めたほうがいい。