引きこもり生活。楽なだけな日常はいらない




1ヶ国目【タイ】バンコク→パタヤ→バンコク→チェンマイ→パーイ→バンコク→
2ヶ国目【カンボジア】シェムリアップ→プノンペン→
3ヶ国目【ベトナム】ホーチミン→ニャチャン→ホイアン→ダナン→フエ→
4ヶ国目【ラオス】ヴィエンチャン→ヴァンビエン→ルアンパバーン→パクベン→
5ヶ国目【タイ(2)】チェンコーン→チェンマイ→
一時帰国【日本】北海道→
6ヶ国目【タイ(3)】チェンマイ

8月23日、日本から再出発することができました。

痔の治療で一時帰国をして50日間、人生で初めて実家での引きこもり状態。22歳で社会人になってから実家にこんなに長くいるのは初めてのことでした。

ブログの更新やひたすら読書をしたり、趣味であるギターをポロロンと弾いたりしてました。

 

うらやましい?

 

働いてない実家の生活は楽です。

家はきれいだし、ご飯は美味しいし。

 

 

でもそれだけ。

 

特に何も起こらなく、ただ食べて寝るような生活。一時帰国ということで、痔の症状が治まるまで特に何も目的がなく日々を過ごしていました。家族以外にはほぼ会うことはない。収入がないからお金を使うことに躊躇したりもしました。

まだ仕事をしているほうが良いかなとか思ったり。

嫌なことが何も起こらないけれども、代わりに楽しいことも何も起こらない生活。

やりたくない仕事して心を病むのもダメだけど、家に引きこもって何もやらないというのも心を病みそうでした。

 

楽なだけな生活は、何か行動を起こすのも億劫になります。

海外に行きたくて仕方がないはずなのに、行くのめんどくさいなと少し思ったり、矛盾したわけのわからない思考が湧いてきたりしました。

 

僕は人生に熱さを求めています。

そんな楽をしたいという思考なんぞ捨ててしまえ。

惑わされるな自分!

 

ただ楽なだけで暇をつぶす生活よりも、何か熱くなれることや夢中になれることを試行錯誤しながら何かを行い、生きているという実感や充実感を得たい。毎日が楽しくて仕方がないという状態が究極の理想です。