携帯扇風機は夏の必須アイテムになる。夏フェスでも大活躍




8月18日に大阪サマソニに参戦しました。

最高気温は35℃くらいでクソ暑かったのですが、携帯扇風機のおかげでなんとか乗り切ることができました。

これがなかったら倒れてた。

リチウムイオン電池内臓なので、充電して使うことができます。

USBの口がついていて、モバイルバッテリーでも充電できるようになっていてめっちゃ便利です。

普段の街歩きや夏フェスなどのイベントで大活躍します。

僕が持っているこの携帯扇風機は折り畳み式で小さくなります。

ウエストポーチにもすっぽり収まります。

連続使用可能時間は弱モードで約8時間。強モードで約3時間となっています。あ、モードは弱、中、強とあり、弱でも顔や体に近づけて使用すれば風を十分に感じ取れますよ。

手持ち部分の底にストラップのひもを通す穴が開いています。

机とかにおいて使用もできます。

汎用性が良い!

今年の夏は、この携帯扇風機を持った人を良く見かけました。今年は特に暑いですしね。来年の夏は、当たり前のようにみんなこれを持ってるようになるのではないでしょうか。

サマソニで大活躍

サマソニにこれを持って行ったのですが、いろいろ準備した持ち物の中でこれが一番必須だと感じました。

マジで涼しいんですよ。

うちわだと扇がないと風が来ないけど、手に持ってるだけで風が来るのは神がかってます。

朝の7時半くらいからバス乗り場で待ち、B’zが終わるまでの21時過ぎまで会場にいたので、12時間くらい屋外にいたことになります。

途中、プラチナラウンジ(屋外)で休んだり、SONIC STAGEの建物の中で休んだりもしましたが、休んでいる最中も汗が噴き出てきました。

バッテリーをケチって、あまり長時間扇風機を稼働させないようにしてたのが失敗でした。

熱中症にならないように水分、塩分補給は万全にしていたつもりでしたが途中で頭痛を発症。おそらく脱水のためでしょう。

YUKIが16時過ぎに終わり、この時体調は頭は痛いわ、足は痛いわで一刻も早く座りたいくらい辛くなってきました。

OCEAN STAGEのプラチナラウンジで、水分補給をして座ってずっとこの携帯扇風機を顔に当ててました。そのおかげか30分くらいじっとしていたら大量が回復しました。

この携帯扇風機がなかったらB’zを万全な体調で見れなかったかもしれない。

今年一番のヒットアイテムでした。