チェンマイと北京で初めてプライオリティパスを使ってみた




プライオリティパス。それは世界中の空港ラウンジに無料で入れるようになるカード。

ラウンジ内ではwi-fiが使用でき、無料で食事をしたりソフトドリンクやアルコールまでもが飲めます。

一時帰国で日本に戻ってくるときに使用してみました。

 

チェンマイ空港

・コーラルエグゼクティブラウンジ

13576841_166709647077983_8122062177752206037_o

初めて空港ラウンジの中に入りましたが、とてもキレイでホテルのロビーのような雰囲気。

13528538_166709823744632_8270148143361957958_o

食べ物はバイキングのような形式で、自分が食べたいものを好きなだけとることができるスタイル。

ご飯、麺、スープ、フルーツいろいろあって、ラウンジ内で食事が済みます。

13584812_166709887077959_5553538717490754565_o 13584918_166710027077945_736548964879251654_o 13584650_166709953744619_2253247187251313441_o

冷蔵庫にはジュースやお酒。全部無料です。

13558591_166710093744605_473793356742133299_o

ただいまの時間は23時前。

これから15時間かけて日本に帰るのでおなかの調子を考えて、麺(焼きそばのようなもの)とスープを少しと、ビールとつまみだけにしておきました。

13613634_166710147077933_162606668478584805_o

wi-fiもサクサクで時間をつぶすには最高の環境です。

北京空港

・BGSプレミアムラウンジ

朝の5時に空港をウロウロしていて空いていたラウンジ。

飛行機の時間は朝8時。

P_20160705_043845-min P_20160705_043912-min

オムレツや豆。スープ、おかゆ等。

P_20160705_044156-min

パンのコーナー。

P_20160705_044148-min

カップ麺。

P_20160705_044142-min P_20160705_044137-min

ソフトドリンク、アルコール。ホットコーヒーなど。

チェンマイから北京間はほぼ不眠だったためさすがにアルコールを飲もうとは思いませんでした。

ひたすらホットコーヒーを飲んでました。

P_20160705_044117-min

シェフがその場でラーメンを作ってくれるというのもありました。

wi-fiはつながりますが、インターネット自体が規制されているのか、どこのページも見れませんでした。

 

世界一周をするとなると飛行機移動も多くなります。

乗り継ぎの場合は、夜中のターミナル内で何時間も待つといったことがります。そんなときプライオリティパスを持っていれば、待ち時間を空港ラウンジで休憩することができてとても快適です。場所によってはシャワーもあるらしいです。

僕は世界一周に出発前、楽天プレミアムカードを作りました。年会費は10800円ですが、プライオリティパスを無料で作ることができます。通常プライオリティパスを作るには399ドルかかります。

通常の方法でプライオリティパスを作るより楽天プレミアムカード経由で申請したほうがお得です。