ホイアンにて、古い街並みとベトナムの日常を感じる

1ヶ国目【タイ】→バンコク→パタヤ→バンコク→チェンマイ→パーイ→バンコク→
2ヶ国目【カンボジア】→シェムリアップ→プノンペン→
3ヶ国目【ベトナム】ホーチミン→ニャチャン→ホイアン

今日もいい天気だ。

いい天気すぎる。雲一つ見当たらない。

P_20160614_160355-min

めちゃめちゃ日差しがきつい。最高気温は38度。そして無風。

 

朝食を求め、ちょっとした屋台街へ。少し歩いただけなのにTシャツがグッショリ。

P_20160614_082657-min

すぐ近くに、こじんまりとした市場もありました。

P_20160615_071357-min P_20160615_071407-min P_20160615_071411-min

朝食はやっぱり、バインミーをチョイス。

P_20160614_082638-min P_20160615_071540-min

20000ドンなり(およそ100円)。ちょっとパンが小さめでしたが、挟んである具はかなりおいしかったです。

昼はベトナムに来て初めてスタンダードなフォーを食べました。

P_20160614_130406-min暑いので、思わずビールも注文。わずか3000ドン(15円)で飲めます。

アルコール度数が低いのか全然酔わない。味は薄目ですが美味しいと思います。結局3杯ほど飲みました。

 

さて、ホイアンといえば、世界遺産にもなっている旧市街が有名です。古い民家や中国式寺院などの木造建築などが残っているとのこと。

旧市街を観光するにはチケットが必要で購入しました。なかではチケットを確認されたりされなかったりして、よくわからなかったです。

 

有名な来遠橋(日本橋)。

1500年の終わりごろ、日本人によって建設されたらしいです。

IMG_0664-min

ここもチケットを求められることがあるらしいのですが、何往復しても提示を求められませんでした。

旧市街内はおしゃれな建物が軒を連ねており、中国風の建物や、ランタンを時折見かけます。

IMG_0668-min IMG_0717-min IMG_0693-min

ここのランタンはホイアンの見どころの一つです。

IMG_0697-min IMG_0708-min

昼間はそんな混んでないけれども、暗くなってくると観光客の数もかなり増えて、ランタンにも明かりが灯ります。

IMG_0747-min P_20160614_192214-min P_20160614_192843-min P_20160614_192858-min

旧市街ばかり紹介しましたが、旧市街以外もベトナムの生活を感じることができて僕は好きです。

果物売りのお姉さんたちがいたり。

IMG_0660-min

実際に買うことに挑戦してみました。

「いくら?」と聞いてみたら、手に300と書かれました。ベトナムのお金は桁数が多いので0を3つ削って値段を現すことがあり、ということはこれは30万ドン(1500円)という意味になります。都市間バス乗れます。

「いや、高すぎ。ありえないから(笑)」

「じゃあいくらなら買う?」というジェスチャーをされて数字を書きます。

そちらがその気ならということで10と書きました。そうすると

「いや、安すぎでしょ!(笑)」というリアクション。

こういったやり取りの果ての結果、30000ドンで落ち着きました。果物の相場がわからないから高いのか安いのかよくわかりせん。高いのかな?

マンゴスチン5個と、ランブータン一塊、バナナ3本を手に入れました。フルーツはさすが南国、美味しいです。

 

小道がたくさんあるので入って行ったり。

IMG_0657-min

小道はなんとなくワクワクします。たまにちょっと迷いますが。

P_20160614_122944-min (1)

ベトナムに来てから都市部や、リゾート地しか見てなかったので、旧市街よりベトナムを感じられてワクワクしました。

P_20160614_124217-min P_20160614_122646-min

ホイアンのお越しの際は、旧市街の外を歩くのも楽しいと思います。

ホイアン最後の夜はコムガーとビールで締めました。

P_20160614_200913-min

ビールが安すぎるので思わず飲みすぎてしまいます。

 

2 件のコメント

  • こんな感じがベトナムの日常なんだね。9年前に私がベトナムに行った時は、ホーチミンと近郊の工業団地だけで、日常はバスからちょっと見られるだけだったけど、こんなのどかな風景はいいね!

    • 民家のなかと人までは流石に写真を撮ってませんが、基本どの家も前面大きなドアになっているので、雰囲気を感じられました。